最近のトラックバック

マイ リトル タウン

9月10日 酒のやまや


酒のやまやがすぐ裏にあるって素晴らしい。
むかしはピンガがあるとかいって、わざわざ出かけて行ってたけど、今じゃ店長とだって知り合いだいっ。いろいろ融通を利かせてくれて感謝しています。
もう10年以上のお付き合い。
ワインもいいけど・・・今日、海外ビールのコーナーで発見、ドイツのメガトン級グランドファンクビール、「ボーラナー」。
こんな缶ビール始めてみました。
5000mlで3980円。これはいいよ!多分。
水道の水くらいの温度で頂きたい。
明日買おうと思います。だれか私に付き合ってくれませんか?
メールください。
つまみは「塩マグロ」「秋刀魚のぬた」「ソーセージwithザワークラウト」「芋グリル」あたりで決まりだね。
ドナルド・フェイゲン、リッキー・リー・ジョーンズ、ポール・ウイリアムス、マリア・クレウーザ、マイケル・フランクスあたりを聞きたい。
時代は変わりました。ワイン、アイリッシュウイスキー、泡盛、中国酒、スパイスから海外ビールまで、重宝していまーす。
そして何よりエキサイティングな店です。
VIVAやまや!

7月18日 マスターの実家、寺院


玄松院の庫院落慶法要へ。
これは素晴らしい写真です。
雨上がりのお寺に、紅白の幕が夏の風にたなびいています。めでたいことがありました。
マスターの実家(美里町)の寺で第二庫院が完成しそのお披露目にいってまいりました。盛大なパーティでありました。関係者や檀家の皆さんが押し寄せて、先祖が眠るオラが町の寺に集結しているといった感じでありました。先祖の霊気も感じてまいりました。
「お寺でお祝いのパーティなんて、そんなにあるもんでねぇ・・・」とある古老が私に言いました。そのとうりでありましょう。
私も嬉しいです。
高校3年まで育ったのに、久しぶりに顔を出す私はどこか恥ずかしく、しかし年を取った爺さん婆さんたちが愛おしく、頑張っていろんな人たちとお話をしてきました。
こういう寺の集会は、寺が檀家の皆さんの信頼と信望を得て少なくとも地域の発展に何がしかの貢献をしている反映の姿に他なりません。
ホントに良かった。

その玄松院に於いて8月17日、やなせななちゃんのライブがあります。お盆のお施がきの祭りでやってきます。無料、私も行っています。
如何ですか?


ななちゃんを玄松院で見れるなんて、こんな素晴らしいことはない

5月12日 ローズガーデン


ミルトンの入り口。今、一昨年から植えた黄色い花が咲くバラが満開です。洗濯物が気持ちよく乾くこの頃だったなぁ、といつも思います。嫌な夜もありますが、必ず朝はやってきます。今日は久しぶりの休みで嬉しい・・・。

ママと朝めし。大好きなカリフラワーのサラダを食べた。私はカリフラワーがあればゴキゲンな人なんです。朝刊には尊敬する俵万智さんのコラム。内容は《切手》のことでした。切手を使う事が少なくなり、相手の事を思うささやかな時間が失われた、と結んでありました。
やまやで買った150円のカフェペレーが美味しい。
美味しいコーヒーをすすりながら、大好きな白石アートプロジェクトの5人の事を思った。
「夕方会いに行こう」。いっぱいのコーヒーの大切な瞬間です。

SAPのマツケンさんに「絵手紙」を教えて頂きました。ちょっとしたコツと、「絵手紙はへたでいい、へたがいい」と。さっそくダイソーからいろいろ買って、書くぞ!「DYLAN絵手紙」。

2月13日 大寒波来襲

2月13日
寒いです。店がなかなか暖まりません。ましてや厨房はカチンカチン。
さすがに春が恋しい季節であります。
今年は雪の少ない冬だったような気がするね。気温は低かった。仙台でも買い物しててビル風がこたえました・・・。

昨日は五月のライブスケジュールが一発決定したのがあって(後ほどお知らせいたします)、あるCDを引っ張り出して聴きました。
村上ポンタ秀一ボックス。ノッコ、矢野顕子、泉谷しげる、大貫妙子、エポetcがヴォーカルで参加のまるで美帆寿司の豪華散らし寿司みたいなみんな美味しいアルバム・・・。
しかしこの中でダントツに凄いのが山下達郎さんです。歌ってる一曲は「I've got you under my skin」。もうこのテイクはサイコー!豚バラ茹でながらリピートで聴いちゃった。私のタツローさんベストソングス5本指内の一曲ですね。
話を戻しますとこの曲でピアノを弾いている方がいらっしゃることになって、少し興奮してしまいました(さーて誰かな?)。楽しみ。

豚バラついでですが、ラフテーラーメンを明日メニューに入れようと思います。醤油味のシンプルなヤツをね。
あっ、そうそうブラジル納豆も明日入荷します。販売のほかに、オムレツをメニューで出しますよ。お楽しみに。
入荷数が少ないんであっという間に終了するブラジル納豆祭りですが、こちらも楽しみです。

1月24日 雪模様の白石市


白石市も、元旦以来の凄い雪でした。
気温が低いもんだから降り積もる雪も溶けづパウダースノウでした。
寒いけど、これでやっとウインターシーズンっつう感じが出てくるっつうもんです。

配達弁当の方も忙しく、私は筋肉痛になっています。
日中になっても気温が上がらないもんですから身体には応えますね。
ああ、沖縄は暖かいんだろうなぁ。

私のパンですが、白鳥の餌用の為に取っておいた耳
をストイックワインのつまみに頂いてしまいました。Sさんと渡り鳥談義に・・・。この辺では白鳥の移動飛行が見られるそうでV字連帯飛行の不思議の話になりました。
そして、群れからはぐれた白鳥を呼び戻すのを見たんだそうです。

なんかいいお話(^_^)。

11月12日 白石駅

白石駅
こどもが自車校へ行くんで駅(白石駅)から送っていった・・・。
あんまりきれいな空にパチリ。
白石の東の空にこんな風景は珍しい。
麒麟ビールっぽくない?
お店が定休日なんで髪の毛を切りに行ったり、ドンキホーテに行ったり、
いろいろ用足しをしましたが、夕方あたりから何にもしたくない気分に・・・。
身体がエネルギー補給を要求してるのが分かります。
そういう時はやまやからビールを買って来て、閉店間際(投売り価格)の生協でお刺身を買って、で晩酌にかぎります。


村上春樹のマラソンの本とケンタロウの道具が載った本買わなくちゃ・・・

11月10日 冬のねこ

冬のねこ
近くの猫、中々目を合わせてくれない・・・。「こらぁ、こっちを見ろ・・」なんて・・・
はやく車の下へ行きたいみたいなんです。

昨日はアメリカ人のジムと福森田先生が来店。ジムはポートランド出身で南仙台の女性と国際結婚して宮城が第二の故郷になった人で、アメリカでは自然環境の調査員の仕事をしているといっていました。素晴らしい畑の写真を見せて貰いました。そこで美味しそうな野菜をいろいろ作ってるみたいで、野菜談義になって、私の赤かぶと丸なすの漬物をお出ししたら「おいしい おいしい」と褒めていただきました。
カヤックの写真も素晴らしかったなぁ。

店での一期一会は突然やってきますが、また来年やってくるとの事でした。

近所とはいっても

近所
まさにミルトンのまん前にアパートが建設されるんだそうです。二棟。
どんな人が入るのかなぁ・・・とか、うるさいって言われないかなぁ・・・等と今から少し心配。まあでもあんまりにも夜が暗く次々と自転車を盗まれた場所なんで、いい事だと思います。さらにここにミルトン通(!)の人が入居(たとえばあなたとか)すればさらに良いんだけど!
今夜は「ミルトンのお客さんが歌い演奏するみんなの音楽会(秋の陣)」。
これが結構盛り上がるんですよ。ジャズフェスじゃないけど、ここにも音楽好きがたくさんいらっしゃるんですねぇ。そんで皆さん結構たっしゃ!満場の拍手を頂くわけですよ!
「いいなぁ、音楽って」つくづく思います。様子をここでまたお伝えしたいと思います。

朝日

朝日
ブラジルに行ってタクシーに乗ってどっかへ遊びに行く夢を見て目が覚めたらそのまま起きててしまってます(昔はまた寝るように努力したんですが、ここ二十年はそんな事はしない)。周りの本の山を片付けて、コーヒーを(植草甚一風)。テーブルには子供の入試の資料。次のステップへ一世一代の勝負を掛けて頑張ってるみたいで、応援しています。
朝日が昇ってきました。今日は弁当の注文がマックスで頑張らないと。

美里町へ

美里町へ
昨日は、兄の主宰する正恵塾を拝聴しに私の実家へ。写真は聞き入る檀家の方々です。
「勉強しましょう」と始まった塾も回を重ねるごとに充実していて何よりですね。
この日の講師は正恵氏本人。
曹洞宗の話~檀家の心得まで興味深い話であっという間に時間は過ぎました。寺の開山は1591年であること(江戸時代以前)。戦争で観音堂の荒廃が激しく復興組織が大寒行を敢行し立て直した事。熊野観心十界曼荼羅の解説。曹洞宗管長である大道晃仙氏の「おことば」の朗読。皆さんの質問など、興味深く勉強させた頂きました。
およそ六十人の人々が集まり、ここは熱心で信心深い方々が多いなぁ・・と思うことしきりでございました。アフター、後藤さんにそのことをお話したら「玄松院は行事をちゃんとやってるもの」ということでした。
ふるさとはいいもんです。自分が自分のリズムで生きていた頃が甦って来るんだよねぇ。何かが修正される思いでいつも帰路につくのでありました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ